当寺院は、宝幢山(ほうどうざん)薬師寺(やくしいん)医王寺(いおうじ)という。



ご本山は高野山。ご本尊は薬師如来。脇仏に不動明王と毘沙門天をいただく。

開創は平安時代(840年頃)。弘法大師の御弟子高岳親王(たかおかしんのう)の弟子
宥徳(ゆうとく)上人を開基とする。

中世には、伊予守護大名家河野氏の祈願寺となり、玉川町にあった幸門城(さいかどじょう)
最後の城主正岡経政(まさおかつねまさ)公の五輪墓石を現在寺領山中に祀る。

この経政公の叔父(重臣)であり、江戸時代には今治藩屈指の豪商となった別宮光貞(べっくみつさだ)家から、
17世紀末に寄進された土地によって現在の寺域のほとんどが形成されている。

平成20年、嘉永年間以来およそ150年振りに本堂を建て替え。
これに合わせて、「お大師さまのご加護『苔のむすまで』とこしえに」
と、本堂前境内と庫裡上の修行大師石像お足元に苔の庭を造成。